企業が20代転職者に求める条件を理解する

企業が20代転職者に求める条件を理解する

このページの概要

・20代前半と後半では企業が求める条件が異なる
・20代前半はポテンシャル。20代後半は即戦力
・20代前半・後半に共通するのが汎用性と再現性
・企業は長く働いてくれる人材を求めている

 

全国的な人手不足を背景に転職市場が非常に好況です。
企業は、20代の有望な若手社員を探しています。

 

また、転職者側も自分に合った会社を探して
転職する方が増えてきています。

 

 

 

では、人手不足とはいえ、
企業側は20代転職者に何を求めているのでしょうか。
20代前半(23~25歳、いわゆる第二新卒)と
20代後半(26~29歳)では条件が異なります

 

企業が20代前半者に求めるポイント

・今後の伸びしろ(ポテンシャル)
・汎用性や再現性

 

第二新卒(23〜25歳)は即戦力としての実務経験よりも、
今後の伸びしろ・ポテンシャルを重視されることが多いです。
(社長が20代、30代のスタートアップ・ベンチャーは例外です)
これらはまた別のケースです。

 

 

また、企業が重要視する点として以下があります。
これまでの就業経験の中での「成果」
その成果を上げるために「どうPDCAを回してきたのか」です。

 

企業はこれらの「汎用性」と「再現性」で判断する傾向があります

 

企業が20代後半者に求めるポイント

・即戦力としてのスキルや経験
・汎用性や再現性

 

20代でも30歳に近づくほど、
実務経験や専門性の面で判断をされることも増えます

 

概ね「成果」「PDCA」の確認を進める中で、
スキルの「汎用性」・成果の「再現性」を求めているといえます。

 

20代転職者がするべきこと

・今の仕事において一定の成果を挙げること
・成果を”狙って”出したという経験をすること

20代の前半後半両方に言えることは、
汎用性と再現性を意識して、成功体験を積むことです。

 

 

また、これらは応募者の能力に関係しますが、
それ以外にも企業が重視する点が存在します。

スキルや経験以外に企業が重要視する点

・転職者が長く働いてくれるかどうか

 

日本企業の中途採用はまだまだ「終身雇用」が前提であり、
「長期投資・回収の意識が強い」といえます。
したがって企業側は「またすぐに転職してしまうのではないか」
という点を非常に重視しています。

 

 

スキル汎用性や成果の再現性を持っている優秀な人材でも、
この点が理由で採用されないケースは多くあります

 

明確な目的・目標のない安易な転職を極力避けつつ、
客観的に理解・納得のできる転職理由を説明できることも大切です。

 

 

==> 20代におすすめの転職方法のページ

 

==> 20代の転職方法≪エージェントが教える!成功する4つのコツ≫のTOPページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

企業が20代に求める条件 20代のおすすめ転職方法 複数のエージェントを利用 在職中に転職活動