転職理由の伝え方や話し方

転職理由の伝え方や話し方

このページの概要

・転職理由は、採用担当者が最も重要視する質問
・転職理由を構成するポイントは大きく2つ

 

採用担当者にとって一番気になるのが「転職理由」です。
伝え方・話し方次第で、人事の印象は大きく変わります

 

転職理由って何?

なぜ転職しようと思ったのか(理由)を証明する行為です。

 

ここの理由が曖昧で自分よがりな場合は、
書類選考時点で落ちる可能性が高いです。

 

 

 

なぜ、採用担当者にとって転職理由が大切なのか?

彼らの目的は、採用者に長く働いてもらうことです。
採用活動は、莫大な費用(転職エージェントの利用)と
時間(候補者がみつかるまで続ける)をかけて行います。

 

 

もしも、転職者がすぐに辞めた場合、

・現場や上層部からのクレームが来る
・採用のために要したお金と時間を失う
・自身の評価にも関わる

となり企業の損失は計り知れません。

 

また、企業に合うかどうかもチェックしています。
こうした理由から「転職理由」はとても重要です。

 

それでは具体的なポイントを説明します。

転職理由のポイント

・面接官が納得(説得力のある)できる
・転職先ならば、辞めない根拠が示されている

これらの要素を含めて作ります。

 

シンプルな例で言うと、

 

転職理由の例:

*************************************************
・海外にXXという製品を販売し日本の良さを伝えたい

 

XXが好きで現職に就きました。
また、国内営業を通じ、よりXXの魅力を実感し、
海外の顧客にもXXを広めたいと考えるようになりました。

 

ただし、海外営業の定員は少ないうえに規定があり、
営業経験5年以上ないと挑戦すらできません。
上司に相談した上で人事部に配置転換の希望を出していますが、
システム的に叶いそうにありません。

 

海外営業は未経験ですが、英語で対応できるように、
現在英会話教室に通い英語を学んでいます。
御社は、若手のうちから積極的に海外事業に関わらせており、
自分にも挑戦できる環境があると考え転職を決意しました。
*************************************************

 

あくまで、自分は現状を良くしようと努力した。
でも、どうしても外部要因的に出来ない
そのため、転職を・・という流れです。

 

志望動機と連動していると尚良いです。

 

 

==> 職務経歴書の書き方のページ

 

==> 20代の転職方法≪エージェントが教える!成功する4つのコツ≫のTOPページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

企業が20代に求める条件 20代のおすすめ転職方法 複数のエージェントを利用 在職中に転職活動