職務経歴書の書き方

職務経歴書の書き方

このページの概要

・職務経歴書の出来が悪い場合、面接に進めない
・他者と差別化出来る記載を行う
・職務経歴書の記載ポイントは3つ

 

面接に進めるかどうかはこの書類の完成度次第です。
人事担当者が面接に呼びたくなるように書きます。

 

職務経歴書って何?

過去の就業経験を要約した書類です。
どんな会社に在籍していたのか。
どのような仕事(経験、能力)をしたのかを判断します。

 

 

 

大手の採用担当者は、1日に何百通もの書類に目を通します。
他の応募者と差別化出来ない場合、
面接に呼ばれる可能性は低いです。

 

それでは具体的なポイントを説明します。

 

職務経歴書のポイント

・今までどんな会社にいたのか
・今までにどのような仕事をしてきたのか
・簡潔に分かりやすい記載を心がける

 

職務経歴書の例:

*************************************************
<職務要約>
液晶装置メーカの営業として7年間務めました。
台湾の半導体メーカが私の主要顧客でした。
半導体業界は品質・納期の厳しい業界です。

 

顧客の要求に対応するため、月の1/3は台湾に滞在。
現場担当者と関係を構築することでトラブルに対処しました。

 

 

<職務経歴>
201x年4月〜現在 xxゲージ株式会社
事業内容:液晶・半導体メーカ向けの装置の製造・販売
従業員:80名 資本金:1億円 売上:360億円
本社所在地:長野県 設立年:1980年

 

 

<職務内容>
2010年4月 海外半導体事業部(20名)に配属
2014年4月 主任に昇格、(後輩2名、事務2名)
担当顧客:台湾xx製造・xx半導体製造
・納期・品質対応
・メンテナンス対応(月1で台湾出張)
・需要の調査(ラインに入らせてもらい現場の声を拾う)
*************************************************
フォーマットによっては、
自己PR・志望動機・転職理由を記載します。

 

 

注意点として、職務経歴書に書く場合は、
要約だけを記載するようにします。
長い場合は、読まれない可能性があります。

 

 

「相手(採用担当者)が何を知りたいのか?」
にフォーカスして記載します。

 

忙しい人事部員に理解してもらうためには、
簡潔に分かりやすく記載するというのはとても重要です。

 

 

==> 面接の準備や対策を行うのページ

 

==> 20代の転職方法≪エージェントが教える!成功する4つのコツ≫のTOPページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

企業が20代に求める条件 20代のおすすめ転職方法 複数のエージェントを利用 在職中に転職活動