面接の準備や対策を行う

面接の準備や対策を行う

このページの概要

・面接官が尋ねる質問は4種類のみ
・質問の意図を理解し的確に回答する

 

転職の面接において、企業側が尋ねる質問は4つです。
それさえ理解していれば、対策は立てられます。

 

 

面接官は用意してきた回答を嫌います。
それに、淀みなく答える必要はありません。
多少つっかえても、丁寧に話せば問題ありません。

 

 

 

面接で尋ねられる4つの質問

・職務経歴(自己紹介)
・自己PR
・志望動機
・転職理由

 

面接の冒頭でほぼ必ず尋ねられるのが職務経歴です。

 

面接官たちは、職務経歴書に目を通していますが、
ほとんど覚えていません。
そのため、1分程度で自己紹介(職務経歴)を行います。

 

 

また、面接官はストレートに尋ねてこない可能性がありますが、
すべての質問は、4つに関してです

 

大切なのは「今の質問は何について尋ねているのか」
を理解して、的確な回答を返すことです。

 

自己PRを尋ねる質問

・どんな時に仕事のやりがいを感じますか?
・自分の強みと弱みを教えてもらえますか?
・失敗した体験があれば教えてください。
・これまで仕事をした中で大きな成果は何ですか?

 

志望動機を尋ねる質問

・当社でどんなことがしたいと考えていますか?
・当社に興味を持った理由を教えてくれますか?
・他にどんな企業に応募していますか?

 

転職理由を尋ねる質問

・転職を考えたきっかけや経緯を教えてください。
・いつから転職活動を始めましたか?

 

場数をこなせば雰囲気に慣れ、
冷静に対応することができるようになります。
最初はとにかく緊張します。

 

 

ちなみに転職エージェントに申し込むと、
模擬面接を受けることが可能です。
答え方や改善点をアドバイスしてくれるため、
心配な方は利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

==> 20代の転職に成功する人の特徴のページ

 

==> 20代の転職方法≪エージェントが教える!成功する4つのコツ≫のTOPページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

企業が20代に求める条件 20代のおすすめ転職方法 複数のエージェントを利用 在職中に転職活動