20代の転職に失敗する人の特徴

20代の転職に失敗する人の特徴

このページの概要

・失敗する人は、自己分析・志望動機・転職理由が曖昧
・20代の転職に失敗する人の特徴は上記以外に2つ

 

転職に失敗する=ミスマッチが起こる、です。
つまり、ミスマッチが起こる原因を突き詰めると、
失敗する原因を特定出来ます

 

 

前回の「20代の転職に失敗する人の特徴」で、
自己分析、志望動機、転職理由が成功のポイントと説明しました。
この3つを除いた上で、
転職に失敗している人は、以下の特徴があります。

 

失敗する人の特徴1

・会社を辞めてから転職活動を行う

転職活動はお金と時間がかかります。
在職中は定期収入があるため収支は安定しますが、
無職の場合は、支出のみが増えます。

 

 

そのため経済的にも時間的にも成約が発生するため、
企業選びを妥協する可能性が高くなります
選ぶ基準が「現時点で転職出来る企業」になる恐れがあり、
ミスマッチ(またはブラック企業)の確率が高まります。

 

失敗する人の特徴2

・転職エージェントを利用しない

転職活動は、時間と労力を要します。
プロのカウンセラーに相談することで、
自分では気づかない「志向性」に気付くことが出来ます。

 

 

平日は仕事が忙しく、転職に割ける時間は限られています。
また、初めての事や分からないことに挑戦する場合、
並々ならぬ気力を必要とします。

 

 

・どのくらいで結果が出るのか?
・いつになれば転職出来るのか?
こうした疑問や不安に対して、明確な回答がありません

 

 

結果、途中で諦めたり、転職することが目的になり
当初の目的を達成出来ない可能性があります

 

この2つ以外にも「自分がしたいことが分からない」
等が上がられます。

 

 

自己分析はある程度社会経験があるからこそ、
「〇〇がしたい」と言えます。

 

社会経験が浅い場合「〇〇がしたい」という気持ちが、
「今が苦しいため、逃げ出したいだけ」の可能性が高いです。
また「〇〇がしたい」という気持ちが、
本当に働く上で望む条件であるという確信も持てません。

 

 

そのため、20代の転職者は、転職エージェントを使い、
自己分析を確実に行った方が良いのです。

 

 

==> 20代は未経験業種・業界に挑戦できる最後のチャンスのページ

 

==> 20代の転職方法≪エージェントが教える!成功する4つのコツ≫のTOPページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

企業が20代に求める条件 20代のおすすめ転職方法 複数のエージェントを利用 在職中に転職活動