20代は未経験業種・業界に挑戦できる最後のチャンス

20代は未経験業種・業界に挑戦できる最後のチャンス

このページの概要

・20代前半・後半ともに未経験業種・業界に挑戦可能
・異業界・異業種に転職する際のポイントは2つ

 

20代前半と20代後半では状況が異なります。
ただし、ともに未経験業種・業界への転職は可能です。

 

 

 

20代前半(22〜25歳)

ある程度の社会人マナーやスキルがあれば、
実績をそこまで重視されません。
企業は、ポテンシャル・やる気を重視します。
未経験でも採用される可能性が高いです。

 

 

またこの年代は、まだ前職の社風に染まっておらず、
自社の社風に馴染みやすいという傾向があります。

 

20代後半(26〜29歳)

20代前半と比べると企業の要求は高いです。
20代後半の場合は、即戦力を求められます
そのため、現職で達成した成果や実績から、
転職先で発揮できるスキルをPRする必要があります。

 

 

また、年齢的に30代に近づいているため、
転職は早めに行った方が良いです。

 

異業界・異業種に転職するポイント

1.転職先で発揮できるスキルを明確にする
2.スキルがどのように役立つのかを論理的に説明する

 

転職先で発揮できるスキルを明確にする

転職は複数の応募者同士で争います
中には、募集要項と同じ業界・業種の人もいます。
マッチング度合いで言うと、彼らに劣ります。

 

 

そのため、企業が求める人物像に照準を当てます。

・その人物が保有するスキルが自分にあるのか?
・ある場合はどんなスキルなのか?

分析することで、ソレが分かります。

 

スキルがどのように役立つのかを論理的に説明する

1の分析をした後、ソレが転職先でどのように役立つのかを
現職の経験をもとに説明します。

 

業界や業種は異なっても同じスキルならば、
使用する場面や条件は同じはずです。

 

 

企業に具体的な経験を絡めて説明することで、
より強い印象を企業に与えることが可能です

 

 

==> 20代の職務経歴書のコツは差別化のページ

 

==> 20代の転職方法≪エージェントが教える!成功する4つのコツ≫のTOPページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

企業が20代に求める条件 20代のおすすめ転職方法 複数のエージェントを利用 在職中に転職活動