20代の転職回数は何回まで?

20代の転職回数は何回まで?

このページの概要

・20代の転職は2回目以降から急激に難しくなる
・企業が懸念する2点を理解し対策を立てる

 

データによると20代の転職は、
2回以上で不利になることが証明されています。

 

 
参考:20代の”はたらき”ベース キャリアコンパス

 

すべての職種が転職に不利になるのか?

技術職の場合は一概には言えません。

 

例えば、

2回以上の転職成功率

メディカル・化学・食品:74.6%
IT・通信の成功率:67.8%

と、2回目以降でも成功率は高めです。

 

なぜ特定の職種は転職に不利になりにくいのか?

・人材流動が活発なマーケットである
・職種自体の採用ニーズが高い
・専門的なスキルや資格が重視される。

という理由が考えられます。

 

ただし、あくまで需要と経済動向次第ですので、
5年後、10年後も同じという保証はありません。

 

なぜ2回以上から厳しくなるのか?

これには2つの理由があります。

1.すぐに辞めると判断されるため
2.スキルを有していないと判断されるため

 

すぐに辞めると判断されるため

企業が応募者に望むのが”長く働くこと”です。
採用活動は、莫大な時間・お金・労力を要します。
苦労して採用した候補者がすぐに辞めた場合、
企業側の損失は計り知れません。

 

 

すでに2回以上という前例があるため、
企業側はしっかりと転職理由を確認してきます
そのため、企業側が納得できる転職理由を考える必要があります。

 

 

スキルを有していないと判断されるため

20代で転職回数が多い場合、
当然、1社あたりの在籍期間は短いです。
1年〜2年以内、人によっては数か月という可能性も。

 

 

転職は相対評価です。
採用担当者から見た場合、同年代の候補者と比較して
実務経験、スキル、知識が劣ると判断されます

 

そのため、その職種で活かせるスキルや経験を
論理的に説明する必要があります。

 

 

企業が求める人物像を分析することで、
「どういう能力を求めているのか」が分かります。
自分にはその能力があることを証明すれば、
面接の合格率が高まります。

 

 

==> 20代の転職活動期間はどのくらい?のページ

 

==> 20代の転職方法≪エージェントが教える!成功する4つのコツ≫のTOPページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

企業が20代に求める条件 20代のおすすめ転職方法 複数のエージェントを利用 在職中に転職活動