20代の転職活動期間はどのくらい?

20代の転職活動期間はどのくらい?

このページの概要

・20代の90%以上が3か月以内に転職出来ている
・企業が20代を求める理由は大きく2つ

 

データによると、20代の転職者の90%が、
3か月以内に転職先が決まっています。

 

 
参考:エン転職コンサルタントの「転職活動期間に関する調査」
90%の転職者が3か月以内に転職出来る!

 

 

当然平均のため、早い人(1カ月以内)や
遅い人(半年以上)もいます。

 

20代の転職は3ヵ月が目安だと言えます。
逆に年齢が上がると(30代や40代)、
転職活動期間が長くなります。

20代の転職活動期間が短い理由

1.給与水準が低い
2.若いため長期間働いてくれる可能性が高い

 

給与水準が低い

20代は、まだ経験やスキルが不足しているため、
平均的に給与水準が低いです。
そのため、企業からすると採用しやすいです。
比較的短期間で内定を得ることが出来ます。

 

 

反対に、30代や40代の転職者は、
企業から求められる能力・経験が高くなります
それに比例して求職者の年収も高くなる傾向になります。

 

若いため長期間働いてくれる可能性が高い

20代は若いため「長く働いてくれる可能性が高い」
と企業は判断します。
企業にとって大切なのは「長期間働いてくれること」と
「求めるスキルを有していること」です。

 

 

転職活動で使った費用(労力・お金・時間)を
転職者に稼いでもらわないと割が合いません。

 

 

また20代の転職者は将来の幹部候補生として、
会社も期待しています。
まだ若く自社の社風に染められる可能性が高いため、
20代の転職者を求める企業は多いです。

 

 

==> 転職に適した時期はいつ?のページ

 

==> 20代の転職方法≪エージェントが教える!成功する4つのコツ≫のTOPページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

企業が20代に求める条件 20代のおすすめ転職方法 複数のエージェントを利用 在職中に転職活動