20代の職務経歴書のコツは差別化

20代の職務経歴書のコツは差別化

このページの概要

・企業が求める能力があることをPRする
・最も大切なのは、簡潔で分かりやすいこと

 

20代は、未経験でも採用される反面、
相対的に応募者が多いです。
不特定多数の応募者から面接に進めた目には、
「職務経歴書」の質を向上させる必要があります

 

 

他の応募者と同じような内容の場合、
書類通過率は低いでしょう。

 

そこで今回は「職務経歴書の差別化のコツ」について、
紹介していきます。

 

職務経歴書の差別化のポイント1

企業が求める能力が有ることを証明する

 

インターネットや業界紙などから、
業界・企業研究研究を行います。
業界が異なると、営業スタイルも異なります

 

 

営業スタイルの例:

「明るく元気な営業」を求める業界
「論理的な営業」を求める業界

 

"応募先業はどのような人材を必要としているのか?"
を知ることが重要です。

 

そのためには、出来る限り情報収集を行い、
企業の考えを把握しましょう。

 

職務経歴書の差別化のポイント2

自己PR・転職理由・志望動機は短く簡潔に書く

 

フォーマットによっては、
これらを記載しない場合があります。
もしも書く必要がある場合は、要約を記載します。

 

 

自己PRの例:

<月3,000万円の案件獲得>
長野→ベトナムに製品移管の情報を入手。
早速、担当者に当社のメリットをPR。
結果、3,000万の商権を獲得することに成功。

 

かなり短いですが、詳細は面接で説明します
むしろ、”これ詳しく聞いてみたいな”
と思えるように記載するのがポイントです。

 

職務経歴書の注意点

意外と大切なのが趣味の欄です。
時々空白の方がいます。
でも、これはNGです

 

 

採用担当者に対して「無趣味でつまらない人」
という印象を与えかねません。
出来る限り応募先企業と関連する趣味が良いです

 

 

趣味の例:

自動車業界なら。週末ドライブするとか。
航空業界なら、飛行機を写真を撮るのが好きとか。

 

探してみると、応募先企業との関連性は見つかります。
是非参考にしてみてください。

 

 

==> 転職エージェントを複数利用した方が良い3つの理由のページ

 

==> 20代の転職方法≪エージェントが教える!成功する4つのコツ≫のTOPページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

 


企業が20代に求める条件 20代のおすすめ転職方法 複数のエージェントを利用 在職中に転職活動