複数の転職エージェントを利用する3つの注意点

複数の転職エージェントを利用する3つの注意点

このページの概要

・複数の転職エージェントを利用する注意点は3つ
・意思の弱い人は事前にリスクを理解した上で利用する

 

複数の転職エージェントを利用する場合、
注意点が3つあります。

 

今回はその点について、説明します。

 

複数の転職エージェントを利用する3つの注意点

1.複数の転職エージェントを利用していることを伝える
2.同一求人に応募しない
3.各エージェントに進捗状況を伝える

 

複数の転職エージェントを利用していることを伝える

心象を悪くすると思う人もいるかもしれませんが、
必ず伝えるようにしましょう

 

もしも嫌な顔をされたり、対応が悪くなるようでしたら、
エージェントを変えてもらうようにしましょう。
未熟なアドバイザーを利用しても、良いことはありません。

 

なぜ複数利用している点を伝えるのか?

転職活動を円滑に進めるため

 

例えば、同じ求人を紹介された場合に、
どちらかは断る必要が出てきます。

 

「〇〇エージェント経由で応募しています」
と伝えれば、容易に断れます。

 

ただし、伝えていない場合、
断る言い訳を考える必要が出てきます

 

 

一方で、断られたエージェントは、
この類の求人には「興味がない」と判断します。
すると、以後の紹介求人の質が下がるリスクが出てきます。

 

これでは、複数のエージェントを利用するメリットを
まったく享受できないことになります。

 

 

.同一求人に応募しない

転職業界では、複数のエージェント経由で
同一企業へ応募することを”タブー”としています

 

なぜなら、同一企業に応募して内定を獲得した場合、
最初に紹介したエージェントにのみ報酬が支払われます。
この場合、企業とエージェントの間で揉め事が起こる恐れがあります。

 

 

実際には、重複応募が分かった時点で、
その応募者を”不採用”にする企業がほとんです

 

 

企業からすれば「自己管理が出来ない人」と判断されます。
エージェントからすれば「真剣に向き合ってくれない」と判断されます。
と、双方に悪い印象しか与えません。

 

同一求人への応募は絶対に止めましょう。

 

各エージェントに進捗状況を伝える

これはあくまでエージェントとしての視点です。
各社の選考状況を伝えてもらうことで、
求人紹介、面接日程の設定がしやすくなります

 

進捗状況の例:

・他社経由の求人で最終面接まで進んでいる
・他社経由の求人二次面接を通過した

 

当然、エージェントは自社経由で、内定してほしいです。
他社よりも進捗が遅れている場合、
選考結果を急ぐように企業に働きかけてくれることもあります

 

 

もちろん、全てを伝える必要はありません。
ただし、選考状況の違いにより意思決定が困難な場合、
相談した方が良いです。

 

 

例えば、以下のような状況です。

意思決定が困難な状況の例

*************************
他社経由で第二希望の内定を先に貰ったが、
本命の面接を別のエージェント経由で控えている。
*************************

 

この場合、エージェントに第二希望の企業への交渉や、
本命企業の選考日程を調整をしてもらうようにします。

 

 

エージェントの協力を最大限引き出すために、
利用できるものは利用しましょう。

 

また、複数利用する場合の注意点を理解した上で、
転職活動を進めるようにしましょう。

 

 

==> 20代の転職回数は何回まで?のページ

 

==> 20代の転職方法≪エージェントが教える!成功する4つのコツ≫のTOPページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

企業が20代に求める条件 20代のおすすめ転職方法 複数のエージェントを利用 在職中に転職活動