在職中に転職活動を行う

在職中に転職活動を行う

このページの概要

・転職は在職中に始めた方が良い
・在職しているメリットは収入がある事
・在職中に転職活動する上での注意点は3つ

 

転職活動をするにあたって、
以下のことを迷われる方も多いのではないでしょうか。
・今の会社を辞めてから転職活動を行う
・今在籍している会社で仕事をしながら転職活動を行う

 

 

この選択に関しては、一長一短あります。
ただし、私がこれまでお手伝いしてきた中では、
在職中に転職活動を行われた方が良いと考えています。

 

 

 

在職中の転職活動を進める理由

・収入があるため長期的な転職活動が可能

一番の理由は、収入の有無です。
貯蓄が少なくなってくると、気持ちが焦ります

 

毎月の家賃、食費、光熱費、交通費、
転職活動はお金と時間がかかります。

 

 

収入がない場合、自然と短期的な転職活動となり、
「どこでも良い」という考えになりかねません。
よく考えずに転職した結果、
またミスマッチが起こる可能性があります

 

これだと転職した意味がありませんよね。

 

 

そして、在職中に転職活動する方は、
以下の点を気を付けないといけません。

 

在職中に転職活動する場合の3つの注意点

1.現在の仕事に支障を出さないようにする
2.在籍している会社の取引内容やノウハウは口外しない
3.退職日の日程調整

 

 

現在の仕事に支障を出さないようにする

仕事中に選考を受けて、
その時間にトラブルなどが起こってしまっては大変です。
面接などの選考を受ける際は、休みを取るか、
仕事が終わった後の時間で設定するなどしましょう。

 

 

在籍している会社の取引内容やノウハウは口外しない

同業種を志望する場合は、
在職中の会社の機密情報などを話さないこと。
また、取引先ノウハウなどは話さないようにしましょう。

 

 

面接で、そういった事を聞かれる場合があります。
その時は「現在在職中ですので、お答えしかねます」
と返答しても問題ありません。
そういった返答をしてもマイナスになることはありません。

 

 

退職日の日程調整

転職が決まった後の退職日の調整です。
職業選択の自由は個人の権利ですので、
基本的には退職の意向を伝えて退職日を決めます。

 

 

ですが、出来るだけ円満退職にするために、
上司に自分の業務の状況などを伝えます。
そのうえで、自分勝手に決めるのではなく、
会社と折り合いがつくところで退職日を決めていきましょう

 

 

在職中の転職活動は、全てが円満に進むという訳にはいきません。
双方に迷惑を掛けないように調整が必要になります。

 

ただし、ご自身が決めた決断ですので、
ぜひ良いご縁があるように頑張って下さいね。

 

 

==> 転職スケジュールを立てるのページ

 

==> 20代の転職方法≪エージェントが教える!成功する4つのコツ≫のTOPページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

企業が20代に求める条件 20代のおすすめ転職方法 複数のエージェントを利用 在職中に転職活動