業界研究・企業研究のやり方

業界研究・企業研究のやり方

このページの概要

・業界・企業研究をする理由は2つ
・業界・企業研究の方法は大きく3つ

 

自己分析を行うことで、
スキル・経験・志向性が分かりました。
次は、どの業界、またはどの企業で働くかを考えます。

 

なぜ業界研究・企業研究を行うのか?

2つの理由があります。

1.面接官にやる気を伝えられる
2.自分の志向性と合う業界や企業を見つけられる

 

面接官にやる気を伝えられる

面接官は「応募者は業界・企業研究をしている」と考えています。
他の応募者が行っていることをしていない場合、
やる気がない・志望度が低いと判断されます

 

逆に、業界・企業研究をしたことで出来た疑問を
面接中に確認することで、やる気を伝えることが出来ます。

 

 

自分の志向性に合う業界や企業を見つけられる

業界研究を行うことで、以下が分かります。

・労働時間(朝が早い、遅い、残業有り無し)
・給与水準(高い、安い)
・働き方(地域限定、転勤あり、海外赴任等)

などなど。

 

業界研究を行うことで、今まで知らなかったことが分かります。
それにより、自分が働く上で求める条件を満たす
業界や企業を見つけることが可能です。

 

 

 

それでは具体的に説明します。

業界研究・企業研究のやり方

求人サイトの企業の応募要項を見る

求人サイトは、新卒(素人)に理解してもらえるように
簡単に企業について書かれています。
企業のHPと比較すると、その差は歴然です。

 

気になる企業がある場合は、
就職サイトの採用ページを見るようにしましょう。

 

 

業界紙(会社四季報)を読む

業界や企業の情報を客観的に知ることが出来ます。
また、業界内でのシェアも知ることが出来ます。
業界の全体像を掴むのに最適の媒体です。

 

 

口コミサイト

実際にその企業で働いている人の意見が反映されているため、
企業のイメージを掴むのに役立ちます
給与・会社の雰囲気・残業時間なども知ることが出来ます。
注意としては、あくまで個人の主観である点です。

 

 

大切なのは、広く浅くでもイメージを掴むことです。
他の応募者がやっていることをしていない場合、
面接官への印象は良くありません。

 

面接は相対評価で決まります。

 

 

==> 自己PRの書き方や考え方のページ

 

==> 20代の転職方法≪エージェントが教える!成功する4つのコツ≫のTOPページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

企業が20代に求める条件 20代のおすすめ転職方法 複数のエージェントを利用 在職中に転職活動