志望動機の書き方や伝え方

志望動機の書き方や伝え方

このページの概要

・志望動機は、面接で必ず尋ねられる質問の1つ
・上手く伝えることで面接官に「やる気」をPR出来る
・志望動機を構成するポイントは大きく2つ

 

志望動機は面接で必ず尋ねられる質問です。
志望動機を上手く伝えることで、
面接官にやる気を伝えることが可能です。

 

志望動機って何?

なぜ他社ではなく、志望する企業なのかを説明する行為です。

 

 

 

逆にダメなのが、以下のような志望動機です。
こういう書き方をする人がけっこう多いです。

 

志望動機のNG例

1.誰でもいえる一般論の志望動機
例:貴社の将来性に憧れ応募しました

 

2.自分よがりな志望動機
例:年収が高いため応募しました

・・・これでは採用担当者に響きません。

 

また、同業界に応募する場合でも各企業には個性があります。
志望動機は応募企業ごとに変える必要があります。
使いまわしはNGです

 

 

それでは具体的なポイントを説明します。
これらを考慮して書くようにします。

 

志望動機のポイント

・やりたいことが出来る
・〇〇が好き、XXに興味があるから

 

このどちらかの要素を(または両方)組み込みます。

 

シンプルな例で言うと、

〇〇をしたいがAという課題があるため、
現職ではどうしても解決するのが難しい。
貴社では、〇〇が出来る環境があるため、応募しました。

 

基本的には、このスタイルで進めれば良いのですが、
面接官の中にはへそ曲がりな方も存在します。

 

「それは他社でも出来ることではないですか?」
という質問が来る可能性があります。

 

 

そんな時に便利なのが、
「〇〇が好きだから。XXに興味があるから」です。

 

この言葉を加えることで、
志望動機の精度を高めることが出来ます

 

 

==> 転職理由の伝え方や話し方のページ

 

==> 20代の転職方法≪エージェントが教える!成功する4つのコツ≫のTOPページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

企業が20代に求める条件 20代のおすすめ転職方法 複数のエージェントを利用 在職中に転職活動